さいたま市からちょっとドライブ 吹割の滝

さいたま市から日帰りで行けるドライブスポットのおすすめは群馬県の
吹割の滝です。

吹割の滝は東洋のナイアガラとも呼ばれる(ちょっと大げさかも)群馬県沼田市にある滝で「天然記念物および名勝」に指定されています。

通常の落差のある滝とはちょっと違って高さはそれほどないですが(7m)、幅が30mもあり、水量が多いので重厚感満点で迫力は圧倒的です。 しかも近くまで寄れるので大きな水のうねりを間近で見ることができるのです。 いつまでも飽きることなく見ていられる滝です。

吹割の滝の周りには遊歩道があり、それを1周すれば浮島あり、橋あり、林の中を散策できます。
市営駐車場に車を停めたら、吹割大橋を渡って遊歩道に入りましょう。
そうすると川を遡る順路になります。
川を左手に見ながら上流のほうに歩いていくと吹割の滝が見えてきます。
吹割の滝を思う存分見た後はそのまま上流のほうへ歩きましょう。
普通だと滝を見る場合は下流から滝を見上げて鑑賞するだけですが、吹割の滝は上流側から滝を見下ろすこともでき、下から眺めるのとは全然違った景色を見ることができるのも吹割の滝の良いところでしょう。
浮島橋→浮島→吹割橋と渡り、詩のこみちを歩いていくと第一観瀑台に着きます。
そこは高くなっていて、眼下に広がる吹割の滝を一望できます。
まさに圧巻です。

「スポンサーリンク

遊歩道はゆっくり歩いて約一時間のコースです。 アップダウンもあり、舗装されていないところもありますので、必ずウォーキングシューズやスニーカーを履いていきましょう。


沼田市HPより

1 滝に向かう遊歩道、2 鱒飛の滝、3 般若岩、4 般若岩周辺、5 吹割の滝、6 遊歩道1、7 遊歩道2、
8 遊歩道3、9 浮島橋、10 浮島観音堂、11 吹割橋、12 詩のこみち、13 第1観瀑台、14 遊歩道4、
15 十二様

吹割の滝のおすすめシーズンは?
吹き割れの滝は初夏か紅葉シーズンがおすすめですね。
雪がある時期だと遊歩道が閉鎖になってしまいますし、遊歩道は1時間コースなので真夏の炎天下はちょっときついです。
初夏のちょっと暑い日に涼を求めにいくのが一番いいのではないでしょうか。
前日に雨が降った晴れの日というのが水量が多くてグッドなのですが、そんな日は狙っていけませんよね。 水量が多いほうが迫力があるのは確かなのですが、雨の日に行くのはおすすめできません。 絶対に晴れの日に行きましょう。

さいたま市からのアクセス
吹割の滝の住所は〒378-0303 群馬県沼田市利根町追貝です。
さいたま市からはとりあえず関越自動車道に乗りましょう。 もちろん新潟方面です。
沼田ICで高速を下りて、国道120号線を東に進みます。
時間としては沼田インターまで約2時間(約140km)、下道で約40分(18km)ぐらいです。

東洋のナイアガラと言われると本当のナイアガラを見たことがある人は非常に期待して、実物を見たときにがっかりしてしまうかもしれませんが、そういった先入観なしに見にいけば「来てよかった」と思えるだけの場所だと思います。
ぜひ行ってみてください。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする