さいたま市からちょっとドライブ 筑波山

さいたま市からちょっとドライブに行くのにちょうどいい距離にあるのが筑波山ですね。

さいたま市民からすると筑波山のある茨城県というのは、同じ関東ですけどあまり近い感じが無いんですよね。 やっぱり隣接していないせいでしょうか。

本当は館林とか古河とかのあたりで隣接しているんですけど、埼玉県と茨城県の交流を阻むかのように千葉県が割り込んでいるので、結果として
「茨城県は遠くて行きにくい」というイメージなのです。

でもまあ、最短距離を行くとあまり行きやすいとは言えませんが、高速道路を使えば快適にドライブできます。

筑波山とは
筑波山は茨城県つくば市にある標高877mの山で、日本百名山や日本百景のひとつにもなっています。

昔から富士山と比較され「西の富士、東の筑波」と言われていました。
相手が富士山というのはさすがにちょっと無理がある気がしますが、、、。)

水郷筑波国定公園にも指定されています。
男体山と女体山の2つの峰があり古くから信仰の対象でした。
山頂には筑波山神社の本殿があり、山腹には拝殿があります。

筑波山には奇石、名石が数多くあり、それぞれに名前や言い伝えが残って
います。 それゆえ山そのものが神域として崇められています。

筑波山は霊山で、山の万物が神体とされているのです。
夜は男体・女体の神々が御幸ヶ原に出現するので二人の遊楽を妨げないように入山しない文化があります。

筑波山の見どころ
筑波山からは富士山の美しい景観が見られ、関東の富士見百選に選定されています。

筑波山はそれほど高い山ではありませんのでぜひ山頂まで行ってください。
登山道を登るのも良いですが、そうするとここのテーマの
「さいたま市からちょっとドライブ」というのから外れてしまいますので、今回は乗り物を使うことをお勧めします。

山頂に行くのには「ケーブルカー」か「ロープウェイ」になりますね。

「スポンサーリンク

ケーブルカーならば宮脇駅から筑波山頂駅まで行けます。
ロープウェイの場合はつつじヶ丘駅から女体山駅まで行って山頂連絡路を歩いて山頂を目指すことになります。

登りはロープウェイで行って、下りはケーブルカー(もしくはその逆)に乗りたいのは人情ですが、つつじが丘と宮脇駅は相当離れていますので車を取りにいけません。
絶対にやめましょう。

帰りも素直に行きの経路を逆にたどって自分の車まで戻りましょう。
宮脇駅の近くには縁結びの神として有名な筑波山神社があります。

筑波男大神(いざなぎのみこと)と筑波女大神(いざなみのみこと)の夫婦二神を祀った由緒ある神社で、関東有数のパワースポットです。

おすすめの季節
筑波山は年間を通して自然を楽しめるところなので、いつ行ってもOKなのですが、
3月初旬には「筑波山梅まつり」がありますので、梅好きのあなたにおすすめです。

10月から2月末までの土日祝はロープウェイが夜も運行します。
その名も「スターダストクルージング」。夜の空中散歩です。

つくば市・土浦市の夜景はもちろん、東京、埼玉、千葉の夜景まで見ることが
できます。
函館の夜景には及びませんが、こちらも見ごたえは十分で「行ってよかった」と思うはずです。 おすすめです。  ⇒ 詳細はこちら

アクセス
さいたま市から筑波山に車で行く場合は東京外環自動車道を三郷方面に進み、
常磐自動車道を北上します。
土浦北インターチェンジで高速道路を下り国道125号線を進みます。

ケーブルカーの駅がある
筑波山神社駐車場
〒300-4352 茨城県つくば市筑波748

ロープウェイの駅に行くには近くの
筑波山京成ホテルを目指して
いきましょう。
〒300-4352 茨城県つくば市筑波1

渋滞がなければ
三郷ICから北土浦ICまで約50kmで40分、
北土浦ICから筑波山までは約20kmで30分です。

さいたま市からならば無理なく日帰りできるところですので、ぜひ行ってみてください。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする