さいたま市からちょっとドライブ 紅葉狩り2 平林寺

紅葉を見に新座市まで行ってきました。

新座のあたりに紅葉スポットなんてあったっけ?

と、思われたかもしれませんが、あるんです。
それは「平林寺」です。 正式名称は「臨済宗妙心寺派 金鳳山平林寺」
平林寺境内林は国指定天然記念物です。

平林寺は永和元年(1375)、今からおよそ650年ほど前の南北朝時代、武蔵国(むさしのくに)埼玉郡、現在のさいたま市岩槻区に創建されました。
徳川家に仕え、第3代将軍家光、第4代将軍家綱のもとで幕府老中を務めた松平伊豆守信綱に庇護されました。 今日に至るまで、平林寺が松平家の菩提寺となっています。
岩槻にあった平林寺は、寛文3年(1663)信綱の遺命によって野火止(のびとめ)に移転されました。

まずは正門(こちらの場合は総門と呼ぶらしいです)から入山料500円を払って入ります。

入山料を払うときにパンフレットをくれますので、それを見てどう歩くのかを決めましょう。
境内林の総面積は13万坪で、東京ドームおよそ9個分です。 とにかく広大です。
お寺の前の道には敷地に沿ってバス停が3つもあるのです。 3つですよ!
しかし実際はその敷地のほんの一角しか立ち入れません。
それでも散策時間の目安は50~90分ですので、たっぷり歩いてください。

総門から入ってまっすぐ行くと山門があります。 県指定有形文化財です。

「スポンサーリンク

放生池  錦鯉がたくさん泳いでいます。

中はとにかくきれいです。 道は土ですがきちんと平らに整地されていてとても歩きやすいです。
道には落ち葉も落ちていませんし、林の中も落ち葉がちゃんと集めてあり掃除というか手入れが
行き届いているのが見て取れます。 さすがに修行僧がいるだけのことはあります。
まあ入山料を500円も取っているのですから、市営の公園とかとは違って当たり前なのかもしれませんが。

例年では11月15日~30日が紅葉の見ごろとなっていますが、
今年はちょっと暖かいようであんまり紅葉してませんでした。 (2018年11月21日)

全体的な印象としては「とても良い」という感じです。
自然でありながら手入れが行き届いている庭園というのは非常にリラックスできます。
紅葉シーズンに限らずおすすめできるスポットですね。

<平林寺へのアクセス>
〒352-0011 新座市野火止 3-1-1

平林寺には駐車場がありませんのでご注意ください。
ただ、総門の前に茶屋と駐車場がありますので、そちらを利用して下さい。(500円です。)

開門時間 : 9:00~16:30

<ドライブルート>
さいたま市から車で行くルートとしては2つです。
1.一般道
埼玉大学前の国道463号を進み国道254号線に入って新座市へ向かう。

2.高速道
東京外環道を和光ICまで進み、国道254号線を新座に向かう。

<その他>
平林寺は観光バスが来るほどのところではないようですが(バスもなかったしツアー客もいなかった)、
ウォーキングのグループはたくさん見受けられました。 調べてみたらウォーキングのコースが
あるようです。
↓ ↓ ↓
まち歩き散策ルート「自然と歴史を巡るコース」
http://www.niiza.net/sansaku/course01/
JR武蔵野線新座駅から平林寺総門まで約3km(徒歩45分)の散策コースです。

平林寺まで車で直接行くのではなく、新座駅付近に車を停めて、そこから散策ルートをたどって
平林寺まで歩いて行くというのも良いのかもしれませんね。

ぜひとも行ってみてください。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする