マイバッグ・エコバッグの代わりにこれはどうですか?

もうそろそろスーパーのレジ袋が有料になりますね。(2019年6月現在)

最近ではほとんどの主婦の方々は自前の買い物袋を持ってスーパーに行っています。

しかしコンビニで買い物をする時はどうでしょうか?

「コンビニで買い物するぞ」と心に決めて行くのはお弁当とかのお昼を買いに行く場合がほとんどではないでしょうか。

あとは
「喉が渇いたから飲み物でも」とか
「小腹が空いたからお菓子でも」
などと、急にコンビニに寄る場合は主婦といえども買い物袋なんて持っていません。

特にビジネスマンのお父さんたちは買い物袋なんて絶対にもっていません。
コンビニのレジ袋も有料になってしまったら、お昼のお弁当を買うたびに袋代も
払うことになって、少ないお小遣いがさらに減ってしまいそうですね。

そこで提案です。
カサカサ袋(レジ袋)を持ち歩きましょう!

しかしカサカサ袋は「かさばり」ます。
男は服にポケットが多いくせに、あんまりものを入れたがりません。

それならばたたんでしまいましょう。

スーパーから帰って、買った物を冷蔵庫に入れたあとの袋はだいたいこんな感じになっています。 これは持ち歩きたくないです。 しかしキッチリたためば驚くほど小さくなります。

カサカサ袋をたたむときに一番面倒くさいのは

↑ この持ち手の部分です。

ここを

こうしてしまえばあとは簡単です。

「スポンサーリンク

全体をならし、

たてに半分に折ります。

さらに半分に折り

空気を抜きます。
これが非常に重要です。

最後に結んで完成です。
(パチパチパチ👏)

どうですか?

とても薄く、かつコンパクトにできますので、ポケットに入れても分からない
ぐらいです。

家にあるカサカサ袋をたたんで、ご主人に持たせてあげましょう。

もちろん使い終わった後は持って帰ってきてもらって、翌朝はまた畳んだものを
渡してあげてください。

そのうちにご主人が自分で畳むようになります。

また、家にあるカサカサ袋を全部たたんだら、ものすごく省スペースになってビックリしますよ。 テレビを見ながらでもできます。

ぜひやってみて下さい。

追伸

買い物袋として使わなくてもカサカサ袋を持ち歩いていると、いざという時にたいへん重宝します。 軽いしスペースもいらないのでカバンに2つぐらい常備しておいても損はありません。

特に最近は外にゴミ箱が少なくなっているので、飲み終わった缶・コップなどを入れるのに便利です。
昭和の時代はソーイングセットを持ち歩いている女子のポイントが高かったものですが、そんなものよりもこれのほうが女子力アピールできそうですよね。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする