袋田の滝はどんな日程で行くのが良いのか

非常に有名な袋田の滝ですが、
どんな日程で行くのが良いのでしょうか。

これを読んでいるあなたは袋田の滝の近くにはお住まいでないという前提で
話を進めます。 あなたが地元の人ならばそもそもこのサイトには来ていないはずだからです。

<日帰りの場合>
まずは地理的に日帰りできるところは限られます。
茨城県内ならまずOKです。
北のほうならば福島県・栃木県ぐらいまでで、南のほうは千葉県・埼玉県・東京都ぐらいでしょう。
それより遠い場合は泊まらないと苦しいです。

例えば車の場合、東京の日本橋から袋田の滝までは高速道路を使っても約160kmで2時間半ぐらいかかります。 途中に休憩を入れたり道が混んでいたりしたらもっとかかりますから3時間ぐらい見ておいたほうが良いでしょう。

電車を使っても、上野から水戸まで1時間20分、袋田駅までさらに1時間ちょっとかかります。
つまり東京出発の場合は使う交通手段にかかわらず片道3時間ぐらいかかります。
往復だと6時間なので日帰りするにはギリギリの距離ですね。

滝周辺の混みぐあいによりますが、日帰りの場合は袋田の滝を見るだけで終わりということも覚悟してください。
もし時間があったら温泉につかるのも良いでしょう。
袋田の滝の周辺にはいくつか日帰り温泉があります。

・思い出 浪漫館
茨城県久慈郡大子町袋田978
℡ 0295-72-3111
日帰り入浴の場合は大人料金は1000円です。
バスタオルも貸してくれます。(別料金)
日帰り昼食プランというのもあり、温泉&個室でお食事休憩ができるのでおすすめです。

・豊年万作
茨城県久慈郡大子町袋田169-3
℡ 0295-72-3011
日帰り入浴の場合は大人料金は1000円です。

「スポンサーリンク

・関所の湯
茨城県久慈郡大子町大字袋田字滝ノ上2642-7
℡ 0295-79-1126
日帰り入浴専門の施設です。
利用料金は大人700円(平日)、1000円(土日祝日)です。
レストランや大広間があるのでゆっくりできます。

東京方面から車で行く場合は途中で寄れる観光地がいくつかあります。

・佐竹寺
茨城県常陸太田市天神林町2404
℡ 0294-72-2078
板東二十二番札所霊場で国指定重要文化財になっています。
花貫渓谷

・花貫渓谷
茨城県高萩市中戸川大能
℡ 0293-23-7316
渓谷にかかる汐見滝吊り橋からの眺めは必見です。

<1泊する場合>
袋田の滝のそばに泊まれば、滝だけでなく温泉も満喫できます。
特に紅葉シーズンには滝のライトアップも行われるので、初日は
帰りの時間を気にせずにライトアップを十分堪能することができます。
翌日は紅葉を愛でながら滝の周りを散策するのが良いのではないでしょうか。

・悠久の宿 滝美館
茨城県久慈郡大子町袋田21-2
℡ 0295-72-4181
大人の隠れ家的な宿です。
古代檜風呂やイオンの湯(ラジウム泉)が楽しめます。
一泊2食付きで一人14000円ぐらいです。 詳細はお問合せください。

・豊年万作
茨城県久慈郡大子町袋田169-3
℡ 0295-72-3011
ここも袋田の滝から約500mとロケーションが良いです。
最上階の露天風呂も評判です。
一泊2食付きで一人17000円ぐらいです。

・思い出 浪漫館
茨城県久慈郡大子町袋田978
℡ 0295-72-3111
ここは滝からちょっと離れて、約1.5kmぐらいです。
庭園露天風呂・温泉大浴場・渓流露天風呂と充実しています。
1泊2食付きだけでなく、1泊朝食付きなどもできます。

都内からなら日帰りで行けないこともないですが、混んでいるシーズンだと渋滞などでじっくり滝を見れないことも多いです。
できれば1泊してじっくりと自然と戯れてほしいですね。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする