さいたま市からちょっとドライブ 坂戸市 聖天宮

さいたま市からちょっとドライブに行くのにちょうど良い距離にあるのが
坂戸市です。 生まれも育ちも埼玉という人には今さら説明の必要もないでしょうが私のようによそから移ってきたものにとってはなじみのない地名です。

位置としてはさいたま市の北西にある10万人ぐらいの市なのですが、
調べてみたら東京のベッドタウンという位置づけだったのですね。
坂戸駅から池袋までは東武東上線で約1時間と、十分通勤圏内ですね。

イベントとしては「坂戸よさこい」というのが有名らしいです。 これは北関東最大のよさこいとして知られ40万人前後を動員するほどの盛り上がりのようです。

しかし残念ながら坂戸市には名所と言われるところはあまりありません。
坂戸市の代表的な建物はなんといっても「聖天宮(せいてんきゅう)」です。

ご覧の通り「中華のセンスてんこ盛り」な建物です。
これは日本で最大の道教のお宮だそうです。
もともと中華系の国には、道教・儒教・仏教の三大宗教があります。
まあ、日本人の感覚からすると儒教は宗教なの? 儒教って今でもあるの?、と言う感じですが
中華系の宗教事情は良く分かりません。

係の人の説明では道教というのは日本でいうところの神道のような位置づけらしいです。
台湾料理店などで店先に赤いひし形のお札が貼ってあるのをよく目にしますが、あれも道教のお札だったみたいですね。
それを考えると、中華系の人々にとっては道教というのは非常にメジャーな宗教だという印象です。

このお宮は正面に門があり、その前が広場になっています。
パンフレットによればそこで早朝太極拳をしているようです。
拝観料を払って中に入ります。

門の左には「鼓楼」、右には「鐘楼」と言う名の塔があり、内部階段から登ることができます。

「スポンサーリンク

敷地内は真ん中に中庭があり、一番奥が本殿になっています。

本殿には三清道祖(人間界の運勢を司る道教最高位の三神)が祀られています。 天井は1万点以上の部品を釘無しで組まれているそうです。

また、お宮のいたるところに龍の彫刻が施されていて、その総数は5000だということです。

どれだけ龍が好きなんでしょうか?

[聖天宮へのアクセス]

住所   : 〒350-0209 埼玉県坂戸市塚越 51-1
電話   : 049-281-1161
拝観時間 : 10:00 – 16:00
拝観料  : 大人 500円 / 中学生 250円 / 小学生以下 無料

さいたま市中心部から行く場合は国道463号(埼玉大学の前の道)を志木市方面へ向かい、
荒川を渡ります。 下南畑と言う交差点を右折し国道254号線を川越方面へ。
入間川を越え、越辺川(おっぺがわ)を越えて川島町へ入ったところで左に入ります。
伊草小学校の先を左折して県道269号線を行けば目的地に着きます。

あなたが上尾市に近いところにお住まいならば、北区宮原町の先で県道216号をまっすぐ行き、
川越市中老袋というところを目指しましょう。 そこは入間川の手前なので入間川を渡らずに
右折し県道339号を道なりに進みます。 川島町まで行けば上の場合と同じです。

さいたま市からは片道約1時間のドライブです。
さいたま市を抜ければ車の数はぐっと減りますし、信号もあまりないのでスイスイ行けちゃいます。
ストレスなくドライブを楽しめるでしょう。

[注意]

あなたが純粋にドライブ目的で行くのなら良いのですが、家族で一緒に行くイベントとして
の行先としてはあまりオススメしません。
もし行くのであれば近隣の観光スポットである「サイボクハム」や「吉見百穴」などと
セットで訪れるのが良いでしょう。

しかし、あの赤と金の色彩は台湾気分を十分に味わえます。
意外な穴場で楽しいですよ。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする