さいたま市からちょっとドライブ 吉見百穴

埼玉県の比企郡吉身町に「吉見百穴」という謎の遺跡があります。

ここを知らない人が一番最初に「ん?」と、思うのは
「ひゃっけつ?」「ひゃくあな?」 です。

観光名所の正式名称なので、ついつい
音読みで「ひゃっけつ」と読んで
しまいますよね。
しかし埼玉に古くからいる人たちは
「ひゃくあな」と言っています。

「ひゃくあな」と「ひゃっけつ」の
どちらも認められているようですが、
地元の吉身町のHPでも「ひゃくあな」
としているので、現地に行った時は
「ひゃくあな」と言っておけば間違いありません。

遺跡自体は岩山の斜面に横穴がたくさん
空いていて、例えはちょっと古いですが
トムとジェリーのチーズのような外観
なのです。

これは現地で実際に見てみると、
かなり異様な光景に感じました。
インパクトすごいです。

さいたま市から日帰りで行けるドライブ先として非常に良いところです。
比企郡吉身町というと、さいたま市から
遠そうなイメージですが免許センター
のある鴻巣から車ですぐのところにあります。

詳しい住所
〒355-0155
埼玉県比企郡吉身町北吉見327
℡ 0493-54-4541

行き方としては国道17号線を北上です。
上尾と桶川を通って北本市まで行き、
県道33号線を左折してそのまま直進
すれば吉見百穴に到着です。

埼玉県庁からだと約34kmで1時間10分ぐらいかかります。 参考にしてください。

私は他県出身で5年前にさいたま市に
引っ越してきたので、埼玉県のことを
あまり知らないのです。
だからこんな遺跡があるなんてまったく知りませんでした。

でも埼玉県民なら誰でも当たり前に知っている場所なんですよね。
私と同じようによそから埼玉に来たあなた! 吉見百穴はおすすめです。

駐車場に車を停めて、入り口で入場料を払います。 大人300円です。
門をくぐると左手に穴だらけの岩山が見えます。

てっぺんまで登ってもたいした高さでは
ありませんし、ちゃんと階段もついて
いるのでお子さんやお年寄りでも
それほど苦も無く登れるでしょう。

「スポンサーリンク

実は岩山を登りながら個々の穴を見ても、それほど楽しくありません。
やはり遠目から穴ポコだらけの山を見るのが何か非日常を感じさせてくれます。

地下のトンネルは夏でも涼しく、約15℃前後らしいです。

そもそも、これは何の遺跡なのか?

古墳時代後期(6世紀-7世紀頃)につくられたもので、

・住居説 と お墓説

が、あったようです。
住居だった場合はコビトのような
日本の先住民族、コロポックルが
住んでいたのではないか、
と考えた人もいたようです。

しかし
・コロボックルの存在が確認できない
・副葬品、壁画などが古墳の石室に
似ている
などから、今では集合墳墓というのが定説になっているようです。

また、太平洋戦争中に中島飛行機の地下軍需工場をつくるため、大きなトンネルが掘られたそうです。 しかし今は危険なためトンネルの入り口しか見ることができません。

岩山の異様な見た目や軍用トンネル跡
などが悪の秘密結社のイメージ
ぴったりなのか仮面ライダーなどの
ヒーロー物やウルトラマンシリーズなど
のロケ地としてよく使われています。
敵のアジトのシーンをよく見てみると
ロケ地が吉見百穴かもしれませんよ。

ぜひ一度行ってみてください。

<追伸>

この遺跡の成り立ちについて、学者の
先生とかは真実をハッキリさせようと
しているのでしょうけど、
「コロボックルが住んでいたのかもしれない」
という余地があったほうが
ロマンがあって楽しいじゃないですか。

お子さんと行った時に

「ママー、ここは何なの?」
「昔のお墓って言われているけど、
コロボックルのおうちだったかも」
「コロボックルってなーに?」
「コロボックルっていうのは
小人さんでー、、、、」

↑ こっちのほうが絶対にイイですよ。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする