花粉症じゃないけど鼻づまり

「スポンサーリンク

もはや日本人の半分以上がゲンナリする時期がやってきました。
そう、花粉が飛びまくる2月です。

今までは花粉症で苦しむ人々を横目に眺め、「みなさんたいへんですねー」
とすっかり他人事だったのですが、ついに「えっ? まさか私が花粉症?」
となってしまいました。

実は一昨年にも似たようなことがありました。
その時は急いで耳鼻科へ行きました。
しかし、先生は花粉症なのかどうなのかハッキリ言ってくれません。
「検査してみましょう」ということで1週間ほど待たされました。
けれど結局は検査結果を見ても「花粉症っぽい」としか言わないので
もうこの耳鼻科には二度と来ないと心に誓いました。
その年は処方してもらった薬でなんとかしのぎました。

去年はまったく花粉症っぽい症状は出ませんでした。
そして今年です。

他の花粉症の方々と同じタイミングでの「鼻グシグシ」
「今度こそ花粉症か?」とも思ったのですが、鼻に異常があるだけで
目はかゆくありません。

しかも花粉がたくさん舞っているはずの屋外に出ても部屋にいる時と同じような具合の悪さ。
テレビでバンバン宣伝してる「ア〇グラ」とか「ア〇ジオン」を試してみましたがまったく効果なし。ナザールスプレーにもまったく反応しません。

これは風邪なのか?

そう思ってベ〇ザブロックS(黄色いの)

を飲んだら鼻水はピタリと止まりました。
しかし鼻づまりは治りません。
そこで「エー〇ーノーズ」をさしてみたら鼻が通りました。

「おお! これだぁ!」

と、思って2,3日続けてみましたが、どうも鼻の奥の粘膜が乾いてしまって
そこに点鼻薬をさすと痛いというかとても不快です。

そこで別のベ〇ザにしてみました。(銀色の)

「スポンサーリンク

こちらのほうが鼻の粘膜の乾きは抑えられていました。

しかし
鼻づまりはまったく改善されません。
両方の鼻が完全につまってしまうというのがこれほどつらいものだとは
思っていませんでした。
鼻呼吸ができないということは人体にとって非常に危険な状態だと思います。
まず眠れません。 意識的に口呼吸をしなければならないのでウトウトすることすらできません。 寝ることができたとしても苦しくて1時間ぐらいで目が覚めてしまいます。

昼間も口呼吸というのはスタミナと集中力をそぎますね。
鼻血を出しながら戦うボクサーとか、鼻を完全にふさいであんな演技をする
シンクロの選手とかバケモノです。

「スポンサーリンク

最後の手段で飲み薬を変えてみました。 真央ちゃんがCMに出てるあれです。

結局、これとエー〇ーノーズの組み合わせが私には合っていたようです。
非常に快適です。

いろいろ考えてみましたが、これは「風邪+軽い花粉症」ではないか
と自分で結論づけました。
まあ、今シーズンはこの組み合わせで乗り切れそうです。
来年また花粉症っぽくなったら再度試してみて、ダメなら
今度こそ耳鼻科に行こうと思っています。

追伸

今NHKのガッテンで新発想の花粉症対策というのをやっています。
来年のための備忘録として書いておきます。

その方法とは「ワセリン」を鼻の中に少量塗るというものです。
綿棒にワセリンを付けて鼻の穴の入り口付近のみに(奥には塗らない)
薄く塗るだけで良いようです。
ただし、これだけでは花粉症を撃退することはできないので、
あなたが今までやってきた花粉症対策にプラスしてこれをやってください。

花粉症ではなく「風邪」で鼻づまりになったら、まずは部屋を暖めましょう。 吸う空気が温かいだけで鼻の通りが違います。 そして鼻のツボを押します。

迎香(げいこう)というツボです。 場所の説明が難しいのですが、「鼻翼の両脇」という場合もあり、「小鼻が最もでっぱったところのつけ根」と表現する人もいます。 ちょっとへこんでいるので分かりやすいとは思いますが、詳しくは「ツボ」のサイトなどに行って調べてみて下さい。 私は子供のころからこのツボを押しています。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする