アイフォンからアンドロイドへ変える時の注意点

先日、アイフォンを胸ポケットから落としてしまい、液晶パネルが外れてしまいました。 液晶がちょっと浮いたぐらいだったので、むりやり押し込んで元の位置に戻しました。
その時は「壊れた」とは認識していなかったのですが、電話がかかってきたときにディスプレイに何も映らないので、何の操作もできずに電話を取ることができませんでした。
その瞬間に初めて「あっ、壊れてる」と気づいたのです。

アイフォンが壊れたのはこれで2度目です。

初代のアイフォンは急に通話ができなくなって(通話以外は正常)、慌てて最寄りのソフトバンクに駆け込みました。
お店のお姉さんは
「水没はしていないみたいですね」← してたら言いますよ
「SIMカードに異常も無いみたいです」
と、当たり前のことを言います。
そして極め付きは

お姉さん
「こちらでは修理できないのでアップルストアに相談してください。
だいたい4週間ぐらいかかると思います。」

「は? 4週間もスマホなしで過ごせって言うんですか?
代替機の貸し出しとか無いんですか?」
お姉さん
「そういうサービスはございません。」

これを聞いた瞬間に「アイフォンとは絶対に縁を切ってやる!」と思いました。 しかし、その時は仕事で外回りをしていて次の予定も迫っていたので
もうその場でアイフォン⇒アイフォンに買い替えるしか選択肢はありませんでした。 そこからです。私のアップルに対する不信というものが始まったのは。

そもそも
・アイフォンは壊れたらキャリア(ソフトバンク等)では手が出せない
・アップルストアは数が少ないし、混んでいるので即日修理はまずムリ
・Apple製品正規プロバイダというのもアップルストアと同様

それだけではありません。 アイチューンというPC用のソフトにも嫌気が差していました。
リンゴ信者は「アップルの製品は直観的に使えるから良い」と念仏のように
繰り返しますが、私にとっては全く理解不能なソフトです。
使いにくくて仕方ありませんでした。

そう考えていた私に今回の破損です。(これは完全に私の過失ですが。)
いろいろいじってみましたが、どうやら内部に異常は全くなくディスプレイが
映らないだけのようです。
運転するときのためにBluetoothのヘッドセットをアイフォンに登録してありましたので、それと接続すればアイフォンの画面操作ができなくても電話を受けることができました。
(でも誰からかかってきた電話なのかはもちろん分かりません)
また、カーナビにも登録してあったので車に乗っている状態ならばカーナビ画面で発信もできました。(でも電話帳が見れないので発信することはありませんでしたが)

完全にディスプレイだけの故障だと思ったので、今回はアンドロイドのスマホに変更するのはやめて修理してもらうことにしました。
しかし最寄りのアップルストアは行きにくいので、ちょっと離れたアイフォンの修理屋さんにお願いしました。 そこで一時間も待たされた挙句、
「新品のディスプレイに交換してみましたが映らないので基盤の損傷かもしれません。費用もかかりますしお時間も1週間ぐらいかかりますがどうされますか?」
と、言われたので修理は諦めました。

結局、機種変更

即座にソフトバンクに行き、機種変更することにしました。
最初はソニーのものにしようと思って行ったのですが、
店頭で現物を見たら気が変わりました。
あまりにデカイです。 胸ポケットにもパンツのポケットにも入りません。
迷いましたが、結局シャープのアクオスRコンパクトにしました。
家に帰ればPCがありますし、ちゃんとしたネット検索ならばそちらでやります。スマホでは主に電話で、出先でのちょっとした調べ物やグーグルマップを見るぐらいですから大画面なんて必要ないのです。

最大の懸案事項 データの引越し

「スポンサーリンク

私の場合は引越しデータは大きく分けて5つです。
・電話帳
・メールのアカウント
・Lineのアカウント
・音楽ファイル
・写真

結論から言います。 上記のことは1つも移動できませんでした。
私はいつもアイフォンを家のPCに繋いで充電していました。
だからほぼ毎日自動的にバックアップを取っていたことになります。
けれど、アイチューンに取ってあったバックアップのデータをアンドロイドに
移すことはできませんでした。
ネットでいろいろ調べてみましたが、パスコードでロックされているアイフォンからデータを移す有効な方法はありませんでした。

しかたないので、アイフォンのディスプレイを直してもらうことにしました。
「他店でだめだった場合でもご相談ください」という別の業者を探して症状を説明したら「直るかもしれないですよ」と言われたので、すぐに持っていきました。お店のお兄さんがちょこちょこいじっていたら、あっという間にディスプレイが明るくなりました。
「あらあら、この前の業者さんはなんだったんだろう」と、思いました。
結局ディスプレイの故障だけで、基盤には何の問題もなかったようです。
今回のお兄さん曰く、
「新品のディスプレイを付けたといっても動作確認をしていなかったんじゃないですかね。中国製だから不良品もたくさん混じっているんですよ。」
とのことでした。 正規のショップ以外で直らなかった場合は他の業者に相談してみるのも無駄ではなさそうですね。

幸いなことに8000円ぐらいで修理が終わりましたので、気を取り直してデータ移行に再チャレンジです。 画面が映ればもうこっちのものです。

1.電話帳の移動
これは新旧のスマホ同士をBluetooth機能でペアリングし、「データ取り込み」をタップするだけです。 (アクオスを買ったときにもらうカンタン使いこなしガイドという小冊子を参照のこと)

2.メールのアカウント移動
これはちょっと大変でした。 というよりできませんでした。
今までは「xxxx@i.softbank.jp」とか「xxxx@softbank.jp」の
2つだったのがいきなり「xxxx@softbank.ne.jp」に変わってしまったのです。
カンタン使いこなしガイドを見てもメールのアカウントの移行方法は載っていません。 アイフォンのアカウント情報を見ながら「ユーザー名」だの「サーバー名」だの「パスワード」だのを入力して今までのアカウントを移そうと試みましたが、全然できません。 万策つきてソフトバンクのサポートに電話しました。
そしたら係のお兄さんは
「ソフトバンクのメールアカウントは何もしなくても自動的に移行されます。」
と言うではありませんか!
「は? でも勝手に設定されたアドレスは@softbank.ne.jpで、私の設定したいのは@softbank.jpなんですが、、、」と言ったら
「@i.softbank.jpや@softbank.jpはもう使えません」
「なんですってぇー!」

耳を疑ったというか唖然としましたね。
「じゃあ、今までのメールの履歴は?」
「もうサーバーにアクセスできないので見ることはできません」

「なんじゃ、そりゃぁ」ですよ。

「アイフォンからアイフォンなら使い続けられたんですけどね。」とのたまうお兄さんに殺意がわきました。
ソフトバンクのお店のお兄さんもメアドが変わってしまうなんて一言も言ってませんでした。
それが分かっていたならソフトバンクなんかやめてドコモにしてました。

3.Lineのアカウント移動
これもできませんでした。 なぜならLineアカウントは移動前後で電話番号とメアドが同じでなければ引き継げないのです。 今回の場合はメアドが移動前と一致しないので電話番号が同じでも他人と認識されて「新規アカウント」扱いになりました。
まっさらの状態からやり直しです。 これもムカつきましたね。

4.音楽ファイルの移動
これもできません。
アイフォンをPCにつないでエクスプローラーで中身を見ても、いじれるのは画像関係(写真やビデオ)だけです。
結局、アクオスをPCにつないでCドライブのアイチューンにところに行き
1曲1曲選んでちまちまとアクオスにコピーしました。

5.写真の移動
もう移動のやり方を調べるのも面倒だったので、これはアイフォンとアクオスを両方PCに繋いでエクスプローラーでファイル移動しました。

以上が私の体験したアイフォンからアンドロイドへの移行の顛末です。
「前のデータをクラウドに上げておけば楽だったのに」という説もあるようですが、上げていなかった私にとっては何の意味もありませんし、もはや私には必要のない情報です。

これからアイフォンからアンドロイドに変更を考えているあなたは事前に十分
下調べをしてから移行してくださいね。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする