さいたま市からちょっとドライブ 紅葉狩り 物見山


東松山のほうまで紅葉を見に行きました。

目指したのは「物見山」というところです。
物見山は標高135メートルの山ですが、どちらかというと丘という感じです。
物見山周辺は「物見山公園」という名称で都市公園として東松山市が管理しているようです。

駐車場に車を停めて山頂を目指します。

平和資料館近くの駐車場に停めたので、山頂へはルートがたくさんあります。↑
散策を兼ねてゆっくり登ります。

木陰の下に道が続くのでとても気持ちが良いです。
山と言っても低いので傾斜も非常に緩やかで散歩するのに最適だと感じました。
残念ながら紅葉はほとんど見れませんでした(2018年11月15日)が、林の中を
歩くことができてリフレッシュできました。
夏の暑い時に来ても涼しくて良さそうな気がします。
注意しなければならないのは標識の類がほとんどないことです。
頂上がどっちなのか分からず何となく登っていたのですが、途中で係のおじさんに出会わなかったら迷っていたかもしれません。
薄暗くなってきたら迷って「どうしよう、どうしよう」となりかねませんので
夕方に行くのはやめましょう。 週末などで人が多い時期は大丈夫だと思いますが
平日などはほとんど人がいませんので日の高い時間に行くようにしてください。
特に下りは注意が必要です。 ちゃんとした道をずーっと下って行ったにも関わらず
行き止まりで、もう一度登り直さなくてはならないところもありました。

頂上は開けた広場のようになっていて、ベンチもあります。

頂上からは市街地が一望できます。
昔は山にあまり木が生えていなくて360度見渡せたらしいですね。
富士山や御殿場まで見れたという看板がありました。

物見山だけではちょっと物足りなかったので、比企郡川島町の「平成の森公園」に寄って帰ることにしました。
残念ながらこちらも紅葉っぽいのはこの木一本だけでした。
やっぱりちゃんと紅葉しているかどうか確かめてから行くべきですね。

しかし公園内に「バラの小径」というのを発見! ちょっと得した気分でした。
今回はタイミングが悪く、平成の森公園のバラはほとんど咲いていませんでしたが、
規模的にはけっこう大きくて、最盛期には見事なバラ園になることが想像できます。

「スポンサーリンク

帰りは 東松山~川島町~桶川市~上尾市~さいたま市 というルートで来ましたが
東松山から桶川までは信号も少なく、適度なワインディングでとてもドライブが楽しい道です。

まとめ
物見山も平成の森公園も単独で行くにはちょっと物足りないスポットなので、
せっかくさいたま市から行くのであればセットで訪れるのが良いでしょう。
時期としては12月の紅葉シーズンに行くのが妥当なところでしょうが、
春と秋のバラのシーズンに合わせて平成の森公園へ行き、静かな物見山を散策して帰るというのも捨てがたいですね。

<物見山へのアクセス>

住所は「東松山市岩殿」となっていますが、車で行く場合は
平和資料館の駐車場を目指していくと良いでしょう。
〒355-0065 埼玉県東松山市岩殿241−113

あなたのお住まいが浦和に近い場合は東京外環道から関越道に乗って、坂戸西スマートIC料金所で出ます。
県道343号線を北に向かえば到着です。

大宮より北の場合は上尾・桶川経由で行くと行きやすいでしょう。
国道17号線を北上し、桶川まで行き桶川北本料金所から首都圏中央連絡自動車道に乗り
関越道を目指します。 関越道を北に向かい坂戸西スマートIC料金所で出れば
上と同じです。

<平成の森公園へのアクセス>

〒350-0192 埼玉県比企郡川島町下八ツ林 920
こちらは川島町役場の隣です。

こちらは高速道路を使わずに行けるので、ナビを頼りにボチボチ行ってください。
特に推奨のルートはありません。

ドライブするのに距離も適当ですし、道もすいていて快適です。
ただ、まわりにこれといった商業施設などがないのでイベント感はあまりありません。
お子さん連れだとちょっと厳しいかもしれませんが、リラックスするのには良いと思いますよ。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする