ムダの出ないピーマンの切り方

ピーマンの切り方で悩んだことってありませんか?

私はずーっと、まず縦に二等分してから種やヘタをとって、それからカットしていました。

そのやり方だとヘタを取るときにうまく取れなくて、ヘタの周りの食べられる部分もちょっと余分に取れちゃったりしてイライラしてました。
だからピーマンを切るのが大嫌いでした。

しかしそれではいけないと、数年前にいろいろな切り方を試しました。
その時にたどり着いた切り方をご紹介しましょう。

※注

ただし、このやり方はピーマンの肉詰めには使えませんのでご了承下さい。

私のピーマンの切り方

1. まず頭の部分を薄く切り落とします。 3ミリぐらい。

2. おしりのほうも3ミリぐらい切り落とします。

頭のほうは3ミリぐらいでうまくカットできると、ヘタはそのまま取れます。5ミリぐらいのところを切るとヘタが取れません。
そこらへんはご自分で感覚をつかんでください。

「スポンサーリンク

おしりのほうはそのまま使えますが、気になるようなら捨てても良いでしょう。(個人的にはちょっともったいないですが。)

3.本体に縦に1本切込みを入れます。

そしたら開いて種を取りましょう。

簡単に取れますし、水洗いすれば完璧です。

4. 最後に開いた本体をまな板の上に伏せて置き、上から押して1枚板にすればおしまいです。

あとは縦に切っても横に切ってもあなたの思いのままです。

このやり方にすればチンジャオロースのピーマンの細切りもムチャクチャ簡単ですよ。

私はこのやり方にしてからピーマンの調理がまったく苦にならなくなりました。

ぜひとも試してみてください。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする